スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楓の器

fuchigami 楓器3

使い道が思い浮かばず、無用にさえ思えたものが、
長い年月を経て、自分が変わって、向かい合えるようになる材があります。

fuchigami 楓器2
 見る角度によって、違った表情をみせます。
fuchigami 楓器1

無骨な表面の内側には、初々しい木肌が眠っていて、奇跡的にも虫食いや割れも入らずにあって、
自由な心持ちの時間の中から現れた器です。  /   Teruo Fuchigami 

( 素材:楓(カエデ)の木 / 山梨県早川町産 )



Gallery Ogon

スポンサーサイト

栃の木碗

栃の木器

『 栃の木碗 』
材に表れるこうした模様を目にすると、是非ともその部分を生かしたい、と思ってしまいます。職種によっては、こうした部位は単なる『傷』として扱われるかもしれません。しかし、木材はそもそも生き物。成長の中で、傷付き、ねじ曲がり、そして復活することを繰り返します。その痕跡を見ると、良いなあ、と思うし其処を光らせたい と つい思ってしまう訳です。



Gallery Ogon

黒柿碗

黒柿碗

黒柿で作った碗です。高台脇のフォルムには、 ぷっくりとした童の頬のような愛らしさを感じさせます。木肌には熟した甘柿の実のような胡麻模様も表れていて、個性的な黒柿ならではの素材感と形に調和のある仕上がりとなっています。

材 : 黒柿 (山梨県早川町産)


Gallery Ogon

杉の碗

夫婦杉碗Afc2

大樹齢の杉で作った碗です。大変細かい年輪に、この樹が育った環境と年月をみて取る事が出来ます。
また、碗全体を覆う年輪が躍動感のある模様として、心を捉えます。
鑑賞するだけではなく、抹茶茶碗として、あるいは小鉢、汁碗、飯碗などの日常器として使うことも出来ます。
材 : 杉 ( 山梨県早川町産 )


Gallery Ogon

ナチェラルエッジ

wood bowl fc2 1のコピー

『ナチュラルエッジの器』  木の皮に近い部分を残してその形を器のデザインに取り込んでいます。風にたなびくような動きを感じます。コブがあった部分(写真中央部)は、渦を巻いたように年輪が細かく凝縮しています。この部分はとても硬く、木材を扱う場合に避けられる箇所ですが、この場合は、器の美的な要素として重要な役割を果たしています。
材:ナツメ(山梨県早川町産):ナツメの木は、個性的な赤みのある材です。

Gallery Ogon
         
プロフィール

Gallery Ogon

Author:Gallery Ogon
◆ Gallery Ogon ◆
ガラスと木、それぞれの彫刻作品を常設。
また、器やアクセサリーなどのオリジナル商品を扱うショップスペースを併設しています

(作家紹介)
kimi kanai 
・pate de verre Glass sculpture
http://www.kimikanai.com
古代ガラス技法を起源にもつ『パート・ド・ヴェール』で作品作りをしています。
当サイトで紹介するガラスのジュエリーは、作り手側の表現であると同時に『身につける人にとっての表現ツール』となることをコンセプトに制作しています。

Teruo fuchigami
・ wood sculpture
Profile
有機的な素材『木』を彫刻素材とし、動植物の生命エネルギーをテーマとした作品を造る。代表作として『空想の船』『シリーズ原始の塔』がある。自然の移ろいを受け留めながら ひとつの象徴的な作品 が作れたら良いと考える。

当サイトで紹介する『木の器』は、彫刻作りを通して私が感じる素材の温もりと満足感を『道具』に現しました。『自然からの贈り物』をその使い心地の中に感じて頂ければ嬉しいです。

[Gallery Ogon]
山梨県南巨摩郡早川町保1525
☎ 0556-45-2770
E-mail cocoroto.cs@gmail.com
◎開館時間 / AM10:00~PM5:00 
◎休館日 / 月曜日・火曜日
(祝日の場合は、翌日休館)
◎作品製作のため1月〜3月は、全日休館








現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。